氏名 屋代 智之
E-Mail yashiro[AT]net.it-chiba.ac.jp
血液型 0型
所属 千葉工業大学情報科学部情報ネットワーク学科
役職 教授
略歴 LANの媒体アクセス制御方式,マルチメディアネットワーク,
高度道路交通システム(ITS),モバイル・コンピューティングなどの研究に従事.
情報処理学会高度交通システム研究会幹事.
著書「コンピュータネットワーク」(オーム社)など.
情報処理学会電子情報通信学会IEEE人工知能学会 各会員

経歴:
昭和42年(1967年)6月 東京都渋谷区にて生まれる
昭和42年(1967年)9月 生後2ヶ月で,父親の仕事の関係で南米チリ,コピアポ市へ
昭和47年(1972年) チリより帰国
昭和49年(1974年)4月 渋谷区立幡代小学校入学
昭和50年(1975年)1月 南米ペルー,リマ市へ.現地の日本人小学校に編入
昭和51年(1976年)7月 帰国.杉並区立高井戸第二小学校に編入
昭和55年(1980年)4月 杉並区立西宮中学校入学
昭和58年(1983年)4月 慶應義塾高校入学
昭和61年(1986年)4月 慶應義塾大学理工学部入学  (計測工学科へ進む)
昭和63年(1988年)4月 千葉県我孫子市に転居
平成2年(1990年)3月 慶應義塾大学理工学部卒業.
卒業論文題目「バーストデータに適した音声データ統合LAN」(主査 松下 温 教授)
平成2年(1990年)4月 慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程計測工学専攻に進学
平成4年(1992年)3月 慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程計測工学専攻を修了.
修士論文題目「首都高速道路における流入制限の効果に関する研究」(主査 松下 温 教授)
平成4年(1992年)4月 慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程計測工学専攻に進学
平成7年(1995年) 東京都渋谷区に転居
平成8年(1996年)11月4日 東京都目黒区に転居.
平成10年(1998年)3月 千葉県我孫子市に再び転居
平成10年(1998年)3月 慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程計測工学専攻単位取得退学
平成10年(1998年)4月 千葉工業大学情報ネットワーク学科専任講師
平成11年(1999年)2月 博士学位論文「高度道路交通システム(ITS)のための車々間通信プロトコル」により
「博士(工学) 慶應義塾大学」の学位を受ける(主査 松下 温教授,副査 川嶋 弘尚教授,
小澤 慎治教授,中川 正雄教授)
平成13年(2001年)4月 千葉工業大学情報科学部情報ネットワーク学科助教授
平成19年(2007年)4月 千葉工業大学情報科学部情報ネットワーク学科准教授
平成21年(2009年)4月 千葉工業大学情報科学部情報ネットワーク学科教授

現在に至る


BACK