※PDFで公開されているものは,最終校正前のバージョンの場合があります.

学術論文・国際会議

  1. Yashiro,T., Ichikawa,T., Yoneda,T., Okada,K., Matsushita,Y., "A Dynamic Logical Ring Method (DLRM) for Integrated Service LAN" 5th Joint Workshop on Computer Communication, pp.75-83(1990)
  2. Ichikawa,T., Yoneda,T., Lim,J., Yashiro,T., Sato,T., Matsushita,Y., "An Advanced Document Including Synchronized Multimedia Information" 6th Joint Workshop on Computer Communication, pp.129-136(1991)
  3. Yashiro,T., Kondo, T., Yagome, H., Higuchi, M., Matsushita, Y. "A Network Based on Inter-vehicle Communication" IEEE Proceeding of Intelligent Vehicles '93, pp.345-350(1993)
  4. Yashiro,T., Kondo, T., Yagome, H., Higuchi, M., and Matsushita, Y., "An Inter-vehicle Networking Method Using Spread Spectrum Communication" Proceeding of 26th ISATA '93, pp.893-900(1993)
  5. Yashiro,T., Kondo, T., Ariyasu, K., and Matsushita, Y., "An Inter-vehicle Networking Method Using Laser Media" IEEE 44th Vehicular Technology Conference '94, Vol.1 pp.443-447(1994)
  6. Kondo, T., Yashiro,T., Ariyasu, K., Matsushita, Y., "Inter-Vehicle Communication Method for Dynamic Vehicle Network" IEEE Proceeding of Intelligent Vehicles '94, pp.443-447(1994)
  7. Yashiro,T., Kondo, T., Ariyasu, K., Matsushita, Y., "An Inter-vehicle Networking Method Using Laser with Variable Transmission Power" Proceeding of 27th ISATA '94, pp.457-464 (1994)
  8. Yashiro,T., Kasagi, K., Ariyasu, K.,, Kishida, S., Matsushita, Y., "Construction and Performance Evaluation of the Platoon-Formation Algorithm Considering the Destination of Each Vehicle" IEEE Intelligent Vehicles '96, pp.35-40 (1996)
  9. 屋代智之,松下 温, 「動的にPN符号を割り当てる車両間通信プロトコル:DPA」 電子情報通信学会論文誌 Vol.J81-A No.4,pp.496-504 (1998)
  10. 屋代智之,松下 温, 「車々間通信を用いた車両ネットワークの構築に関する提案」 電子情報通信学会論文誌 Vol.J82-B No.1,pp.9-18 (1999)
  11. 松下 温,屋代智之, 「ITSの通信基盤の展望と課題」 電子情報通信学会論文誌 Vol.J82-B No.11,pp.1950-1957 (1999)
  12. 屋代智之,松下 温, 「路車間・車々間通信統合MACプロトコル:I-WarpII」 情報処理学会論文誌 Vol.42 No.7,pp.1781-1789(2001)
  13. Ryota Kurihara, Noriyuki Kakita, Hiroshi Shigeno, Yutaka Matsushita, Ryotaro Fukui, Tomoyuki Yashiro "A DSRC System using Radio Beacons Installed with Road Lightning" Automotive and Transportation Technology Congress & Exhibition(ATTCE), 01ATT-240, pp.241-246 (Oct, 2001)
  14. Ryota Kurihara, Noriyuki Kakita, Ryotaro Fukui, Tomoyuki Yashiro, Hiroshi Shigeno, Yutaka Matsushita "Road-to-Vehicle Communication Using Radio Beacons Installed with Road Lightning in DSRC System" The 2nd International Workshop on ITS Telecommunications(ITST2001), pp.197-202 (Oct, 2001)
  15. 屋代智之,有安香子,福井良太郎,重野 寛,松下 温, 「車両の目的地を考慮した Ordered Platoon形成アルゴリズムの提案と評価」 情報処理学会論文誌 Vol.43 No.12,pp.3756-3764(2002.12)
  16. 福井良太郎,柿田法之,屋代智之,重野 寛,松下 温, 「道路照明を用いた連続無線ゾーン構成法による路車間通信の実用性の評価」 情報処理学会論文誌 Vol.43 No.12,pp.3931-3938(2002.12)
  17. 福井良太郎,中村めぐみ,柿田法之,屋代智之,重野 寛,岡田謙一,松下 温, 「DSRCを用いた連続路車間通信システムにおける可変無線ゾーンの構成と動的スロット多重」 情報処理学会論文誌 Vol.44 No.12,pp.3050-3059(2003.12)
  18. Hiromitsu Asakura, Megumi Nakamura, Ryotaro Fukui, Noriyuki Kakita, Tomoyuki Yashiro, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada, "Adaptive Zone Configuration Method and Dynamic Slot Multiplexing for Road-to-Vehicle Communications" 1st Internationl Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, in Proceedings of ICMU 2004, pp126-131 (Jan. 2004)
  19. Masashi Hiraiwa, Hiromitsu Asakura, Tateki Narita, Tomoyuki Yashiro, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada, "Dynamic Communication Zone Control Method on Autonomous Decentralized Based Roadside Network Infrastructure", IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics Communications and Computer Sciences, Vol.E88-A No.7, pp.1786-1799 (July. 2005)
  20. 朝倉啓充,成田干城,中村めぐみ,屋代智之,重野 寛,岡田謙一 「連続型路車間通信システムにおける動的ゾーン制御アルゴリズム」 情報処理学会論文誌 Vol.46 No.8,pp.2152-2161(2005.8)
  21. 屋代智之,Thomas F. LaPorta 「Nomadic Agent System: インフラに依存しない位置情報サービス提供システム」 情報処理学会論文誌 Vol.46 No.12,pp.2952-2962(2005.12)
  22. 仁平和博,井上真吾,沖原光晴,屋代智之 「位置情報サービスが可能なNomadic Agentの耐障害性に関する提案」 情報処理学会論文誌 Vol.46 No.12,pp.2963-2972(2005.12)
  23. Tomoyuki Yashiro, "A New Paradigm of V2V Communication Services Using Nomadic Agent",(Invited Paper) The Second International Workshop on Vehicle-to-Vehicle Communications 2006(V2VCOM 2006), (July. 2006)
  24. 仁平和博,井上 昭,屋代智之 「状況に適応して複製を生成するAdaptive NA(ANA)の提案」 情報処理学会論文誌 Vol.47 No.12,pp.3101-3111(2006.12)
  25. 井上 昭,仁平和博,屋代智之 「NAを用いたアドホックネットワークにおける複製配置方法の提案」 情報処理学会論文誌 Vol.49 No.2,pp.786-796(2008.2)
  26. 田中篤史,屋代智之 「マルチシンクセンサネットワークにおける単方向型データ収集方式の提案」 情報処理学会論文誌 Vol.50 No.2,pp.829-838(2009.2)
  27. Kyoko Numa, Tomoyuki Yashiro, "A Study of Lightweight Pedestrian State Estimation", International Conference on Human Probes and Smartphone Sensing(ICHPSS 2011), pp.24-28 (Dec, 2011)
  28. 沼杏子,屋代智之 「歩行者の状態推定の軽量化に関する一検討」 情報処理学会論文誌トランザクションCDS Vol.2 No.1,pp.67-73(2012.3)

研究報告・紀要

  1. 米田 健,市川敬史,屋代智之,岡田謙一,松下 温, 「最適長パケットを利用した統合サービスネットワーク」 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会(90-DPS-45) pp.25-32 (1990)
  2. 米田 健,市川敬史,屋代智之,岡田謙一,松下 温, 「統合型 Local Area Network:VD-FV」 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会(90-DPS-47-1) (1990)
  3. 米田 健,市川敬史,佐藤龍雄, 林 正薫, 屋代智之,松下 温, 「メディア間の同期情報を含んだマルチメディア文書」 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会(91-DPS-49-6) (1991)
  4. 屋代智之, 樋口雅文, 近藤天平, 松下 温 「首都高速道路における新路線開業時の経路誘導の効果」 電気学会道路交通研究会, RTA-93-7, pp. 5-14 (1993)
  5. 屋代智之, 近藤天平, 樋口雅文, 松下 温 「車々間通信を用いた車両ネットワークの構築」 電気学会道路交通研究会, RTA-93-8, pp.15-24 (1993)
  6. 屋代智之, 近藤天平, 松下 温. 「車々間通信を基本とした車両間通信方式と車両ネットワークの構築.」 第13回交通工学会研究発表会論文集, pp.101-104 (1993)
  7. 屋代智之, 樋口雅文, 松下 温. 「首都高速道路における経路誘導の効果に関する研究」 第13回交通工学会研究発表会論文集, pp.85-88 (1993)
  8. 木村千枝子, 屋代智之, 重野 寛, 松下 温. 「シャドウイングに対応可能な路車間・車々間通信統合プロトコル:I-WarpII」 情報処理学会第1回ITS研究会, Vol.99 No.ITS-1, pp. 51-58 (Mar. 1999)
  9. 木村千枝子, 屋代智之, 重野 寛, 松下 温. 「シャドウイングに対応可能な路車間・車々間通信統合プロトコル:I-WarpII」 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモーバイル(DICOMO'99)シンポジウム論文集, IPSJ Symposium Series Vol.99, No.7, pp.399-404 (Jun. 1999)
  10. 相澤 徹, 重野 寛, 屋代智之, 松下 温. 「路車間・車々間通信のためのW-CDMAを用いた車両グループ化方法」 情報処理学会第2回高度交通システム研究会(2000-ITS-2), Vol.2000, No.83, pp.67-72 (Sep. 2000)
  11. 柿田法之, 栗原良太, 福井良太郎, 屋代智之, 重野 寛, 松下 温. 「照明灯を用いた路車間通信」 情報処理学会第3回高度交通システム研究会(2000-ITS-3), Vol.2000, No.112, pp.113-119 (Dec. 2000)
  12. 柿田法之, 栗原良太, 福井良太郎, 屋代智之, 重野 寛, 松下 温. 「安全支援システムの実現に向けた連続無線ゾーンの構成方法」 情報処理学会第5回高度交通システム研究会(2001-ITS-5), Vol.2001, No.47, pp.33-40 (May. 2001)
  13. 八木啓介,屋代智之 「Agentを用いてその場にチャットコミュニティを存在させるシステムの構築」 情報処理学会第9回高度交通システム研究会(2002-ITS-9), Vol.2002, No.48, pp.93-100 (May. 2001)
  14. 中村めぐみ,柿田法之,福井良太郎,屋代智之,重野 寛,岡田謙一,松下 温, 「DSRCを用いた連続型路車間通信におけるシステム構成の検討」 情報処理学会第11回高度交通システム研究会(2002-ITS-11), Vol.2002, No.115, pp.179-186 (2002.11)
  15. 関根雄飛,屋代智之, 「路車間通信における空間ダイバーシティを用いた受信環境の検討」 情報処理学会第11回高度交通システム研究会(2002-ITS-11), Vol.2002, No.115, pp.187-194 (2002.11)
  16. 中村めぐみ,福井良太郎,朝倉啓充,屋代智之,重野 寛,岡田謙一, 「DSRCを用いた路車間通信における可変無線ゾーン構成の検討」 情報処理学会第13回高度交通システム研究会(2003-ITS-13), Vol.2003, No.56, pp.33-38 (2003.5)
  17. 菊池聡敏,八木啓介,屋代智之, 「PROBER −歩行者版プローブ情報システムの提案−」 情報処理学会第13回高度交通システム研究会(2003-ITS-13), Vol.2003, No.56, pp.47-54 (2003.5)
  18. 山本篤史,屋代智之 「振動を用いた歩行者ナビゲーションの提案」 情報処理学会第13回高度交通システム研究会(2003-ITS-13), Vol.2003, No.56, pp.55-62 (2003.5)
  19. 八木啓介, 菊池聡敏, 井上真吾, 屋代智之. 「Nomadic Agentを用いた情報提供とUWB適用に関する評価」 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2003)シンポジウム論文集, IPSJ Symposium Series Vol.2003, No.9, pp.565-568 (Jun. 2003)
  20. 朝倉啓充, 福井良太郎, 中村めぐみ, 屋代智之, 重野 寛, 岡田謙一. 「動的ゾーン制御を用いた連続路車間通信システム」 情報処理学会第25回モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会(2003-MBL-25), Vol.2003, No.67, pp.77-84 (2003.7)
  21. 菊池聡敏,八木啓介,加藤泰子,屋代智之 「Nomadic Agentの提案と応用」 情報処理学会第16回高度交通システム研究会(2004-ITS-16), Vol.2004, No.19, pp.7-14 (2004.7)
  22. 山本友理,屋代智之,重野寛,岡田謙一, 「歩行者用道路上におけるリアルタイムな混雑情報の取得・提供手法」 第29回モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会(2004-MBL-29), pp.37-42,(2004.5)
  23. 井上真吾,柿田博幸,八木啓介,屋代智之, 「Nomadic Agentを利用して利用者を追跡する手法の提案」 情報処理学会第17回高度交通システム研究会(2004-ITS-17), Vol.2004, No.60, pp.9-15(2004.5)
  24. 山本篤史,仁平和博,八木啓介,屋代智之, 「GPSデータを活用した動的なGIS情報の取得」 情報処理学会第17回高度交通システム研究会(2004-ITS-17), Vo.2004, No.60, pp.17-24(2004.5)
  25. 成田干城,朝倉啓充,屋代智之,重野 寛,岡田謙一 「車群形成を用いた路車間通信量の削減方法」 情報処理学会第17回高度交通システム研究会(2004-ITS-17), Vol.2004, No.60, pp.25-32(2004.5)
  26. 仁平和博,井上真吾,沖原光晴,屋代智之, 「NAの生存時間を延ばす手法の提案」 情報処理学会第20回高度交通システム研究会(2005-ITS-20), Vo.2005, No.21, pp.89-96,(2005.3)
  27. 仁平和博,井上 昭,屋代智之, 「状況に適応して複製を生成するAdaptive NA(ANA)の提案」 情報処理学会第24回高度交通システム研究会(2006-ITS-24), Vol.2006, No.7, pp.47-54(2006.3)
  28. 井上 昭,仁平和博,屋代智之, 「NAを用いたアドホックネットワークにおける複製配置方法の提案」 情報処理学会第28回高度交通システム研究会(2007-ITS-28), Vol.2007, No.28, pp.55-62(2007.3)
  29. 久保田和也,屋代智之, 「交差点におけるNAを用いた仮想インフラの提案」 情報処理学会第30回高度交通システム研究会(2007-ITS-30), Vol.2007, No.90, pp.27-32(2007.9)
  30. 田中佑一,北野祐太,屋代智之, 「車車間通信時における優先送信権を考慮したCSMA/CAの提案」 情報処理学会第33回高度交通システム研究会(2008-ITS-33), Vol.2008, No.57, pp.7-14(2008.6)
  31. 屋代智之,木村 裕,江口和夫, 「ITS世界会議2008会議報告」 情報処理学会第36回高度交通システム研究会(2009-ITS-36), Vol.2009, No.24,pp.55-62(2009.2)
  32. 沼 杏子,菊口博樹,屋代智之, 「加速度センサを用いて歩行者ナビゲーションの位置を補正する手法に関する一検討」 電子情報通信学会第2回ヒューマンプローブ研究会,pp.13-16(2009.10)
  33. 沼 杏子,屋代智之, 「加速度センサを用いて歩行者ナビゲーションの位置を補正するための状態推定」 情報処理学会第40回高度交通システム研究会(2010-ITS-40), Vol.2010, No.2(2010.3)
  34. 沼 杏子,屋代智之, 「加速度センサを用いて歩行者ナビゲーションの位置を補正する手法の提案」 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集, IPSJ Symposium Series Vol.2010, pp.961-967 (Jun. 2010)
  35. 馬場秀芳,久保敦,屋代智之, 「700MHz帯と5.8GHz帯を用いた歩車間通信の提案」 情報処理学会第43会高度交通システム研究会(2010-ITS-43) Vol.2010, No.6(Nov. 2010)
  36. 沼 杏子,屋代智之, 「歩行者の状態推定を用いた歩行者ナビゲーション手法の提案」, 情報処理学会第43回高度交通システム研究会(2010-ITS-43) Vol.2010, No.20(Nov. 2010)
  37. 鈴木勘久郎,屋代智之, 「Carry and Forwardを用いて広範囲の交通情報の収集・提供を行うNAviシステムの提案」. 情報処理学会第45回高度交通システム研究会(2011-ITS-45) Vol.2011-ITS-45,No.1,pp.1-7(June 2011)
  38. 沼 杏子,屋代 智之, 「歩行者の状態推定の軽量化に関する一検討」, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム論文集, IPSJ Symposium Series Vol.2011, pp.308-314 (July. 2011)
  39. 馬場 秀芳,屋代 智之, 「歩車間通信における700MHz帯と5.8GHz帯の利用形態の検討」, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム論文集, IPSJ Symposium Series Vol.2011, pp.822-828 (July. 2011)
  40. 屋代 智之, 「(招待講演)安心・安全・快適なドライブを実現するためのITS技術」, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム論文集, IPSJ Symposium Series Vol.2011, p.1422 (July. 2011)
  41. 沼 杏子,屋代 智之,「SVMを用いた歩行者の状態推定手法の提案」, 情報処理学会第47回高度交通システム研究会(2011-ITS-47) Vol.2011, No.3(Nov. 2011)
  42. 鈴木勘久郎,屋代智之, 「道路環境の変化におけるCarry and forwardを用いたNAviシステムの性能評価」. 情報処理学会第48回高度交通システム研究会(2012-ITS-48) Vol.2012-ITS-48,No.4,pp.1-7(Mar. 2012)
  43. 鈴木勘久郎,屋代智之, 「LTEを用いて情報配信の安定性を高めたNAviシステムの提案」. 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集, IPSJ Symposium Series Vol.2012, pp.798-804 (July. 2012)

講演論文

  1. 屋代智之,長島雅夫,米田 健,岡田謙一,松下 温, 「動的論理リング型音声データ統合LAN」, 情報処理学会第40回全国大会,Vol.1,pp.405-406(1990.3)
  2. 市川敬史,米田 健,屋代智之,岡田謙一,松下 温, 「バーストデータに適した統合サービスLAN」, 情報処理学会第41回全国大会,(1990.9)
  3. 米田 健,橋本康江,屋代智之,松下 温 「時間的に変化する文章の交換システム」, 情報処理学会第42回全国大会,Vol.3,pp.267-268(1991.3)
  4. 黒田浩一,屋代智之,矢込宏敬,横山光男,松下 温 「高速道路における渋滞発生に関する考察」, 情報処理学会第43回全国大会,Vol.1,pp.121-122(1991)
  5. 樋口雅文,屋代智之,黒田浩一,矢込宏敬,横山光男,松下 温 「高速道路における流入制限の効果に関する一考察」, 情報処理学会第44回全国大会,Vol.1, pp.361-362(1992.3)
  6. 矢込宏敬,屋代智之,樋口雅文,近藤天平, 松下 温 「車々間通信を利用した動的ネットワークに関する一考察」, 情報処理学会第45回全国大会, Vol.1, pp.421-422(1992)
  7. 近藤天平,屋代智之,矢込宏敬,樋口雅文,松下 温 「SS 通信を利用した車々間通信システムにおける通信方式の提案」, 情報処理学会第46回全国大会,Vol.1,pp.407-408(1993.3)
  8. 有安香子, 屋代智之, 近藤天平, 松下 温 「車々間通信システムを用いたネットワークの構築方法に関する提案」 情報処理学会第48回全国大会,Vol.1, pp.299-300(1994.3)
  9. 樋口雅文, 武藤英司, 屋代智之, 松下 温 「首都高速道路における経路誘導に関する一考察」 情報処理学会第48回全国大会,Vol.1,p.353(1994.3)
  10. 近藤天平, 屋代智之, 有安香子, 笠置 賢, 松下 温 「RI-BTMA 方式を用いた車両ネットワーク」 情報処理学会第49回全国大会,Vol.1 pp.409-410(1994.9)
  11. 笠置 賢, 屋代智之, 近藤天平, 有安香子, 松下 温 「コードの動的割当を行なうCDMA 車々間通信の提案」 情報処理学会第50回全国大会,Vol.1 pp.401-402(1995.3)
  12. 岸田 聡, 屋代智之, 有安香子, 笠置 賢, 岡田謙一, 松下 温 「目的地を考慮した車群形成」 情報処理学会第52回全国大会,Vol.1 pp.379-380(1996.3)
  13. 岸田 聡, 屋代智之, 笠置 賢, 多田隈典子,岡田謙一, 松下 温 「連続路車間通信システムの提案とその性能評価」 情報処理学会第54回全国大会,Vol.3 pp.531-532(1997.3)
  14. 本多孝己, 屋代智之, 松下 温 「路車間・車々間通信を統合したMACプロトコル」 情報処理学会第56回全国大会,Vol.3 pp.496-497(1998.3)
  15. 相沢 徹, 屋代智之, 松下 温 「路車間・車々間通信のための統合型プロトコル I-Warp」 電子情報通信学会, ソサイエティ大会, p.26, (Sep. 1998)
  16. 木村千枝子, 屋代智之, 重野 寛, 松下 温 「シャドウイングに対応可能な車々間,路車間通信統合プロトコル:I-WarpII」 情報処理学会第58回全国大会,Vol.3 pp.471-472(1999.3)
  17. 栗原良太, 木村千枝子, 屋代智之, 重野 寛, 松下 温 「車々間通信における車両ネットワーク構築に関する一考察」 情報処理学会第60回全国大会,Vol.3 pp.229-230(2000.3)
  18. 柿田法之,栗原良太, 福井良太郎, 屋代智之, 重野 寛, 松下 温 「照明灯を用いた路車間通信におけるシャドウイングに関する一検討」 情報処理学会第62回全国大会 特別トラック5,pp.165-168(2001.3)
  19. 八木啓介,屋代智之 「Agentを用いてその場にチャットコミュニティを存在させるシステムの構築」 情報処理学会第64回全国大会,Vol.3 pp.513-514(2002.3)
  20. 中村めぐみ,柿田法之,栗原良太,福井良太郎,屋代智之,重野 寛,松下 温 「連続型路車間通信を実現するシステム構成の検討」 情報処理学会第64回全国大会,Vol.3 pp.573-574(2002.3)
  21. 関根雄飛,屋代智之 「照明型ビーコンを用いた路車間通信における最適な受信環境の検討」 情報処理学会第64回全国大会,Vol.3 pp.577-578(2002.3)
  22. 山本篤史,屋代智之 「振動を用いた歩行者ナビゲーションの提案」 情報処理学会第65回全国大会,Vol.3 pp.311-312(2003.3)
  23. 菊池聡敏,八木啓介,清水雅代,屋代智之 「PROBER−歩行者版プローブ情報システムの提案−」 情報処理学会第65回全国大会,Vol.3 pp.312-313(2003.3)
  24. 井上真吾,八木啓介,屋代智之 「歩行者ITS版Nomadic AgentへのUWBの適用に関する評価」 情報処理学会第65回全国大会,Vol.3 pp.314-315(2003.3)
  25. 朝倉啓充, 柿田法之, 中村めぐみ, 福井良太郎, 屋代智之, 重野 寛, 岡田謙一, 「連続ゾーン路車間通信における動的ゾーン制御方式」 情報処理学会第65回全国大会, Vol.3 pp.377-378(2003.3)
  26. 村山高康, 屋代智之, 「車車間通信における優先情報の選択制御」 情報処理学会第66回全国大会, Vol.3 pp.383-384(2004.3)
  27. 山本有理, 白川 洋, 屋代智之, 重野 寛, 岡田謙一, 「歩行履歴情報を用いた混雑度の取得方法」 情報処理学会第66回全国大会, Vol.3 pp.261-262(2004.3)
  28. 成田干城, 朝倉啓充, 中村めぐみ, 屋代智之, 重野 寛, 岡田謙一, 「車群形成を利用した路車間通信量の削減手法」 情報処理学会第66回全国大会, Vol.3 pp.267-268(2004.3)
  29. 畑中恵里奈,屋代智之, 「車両間通信を利用して位置情報サービスを提供するNAviの提案」 情報処理学会第68回全国大会,Vol3 pp.513-514(2006.3)
  30. 若林理,新庄勇一,屋代智之, 「連続通信のためのマルチインタフェース列車ネットワークの構築」 情報処理学会第68回全国大会,Vol.3 pp.651-652(2006.3)
  31. 田中篤史,立川哲也,屋代智之, 「効率的に中継センサを選択するネットワーク内集約方式」 FIT2007第6回情報科学技術フォーラム一般講演論文集第4分冊, pp.307-308(2007)

解説・翻訳・その他

  1. 翻訳「日経サイエンス」 1998年7月号 特集 「モバイルコミュニケーション」(pp.36〜51の項を翻訳) 日経サイエンス社 (1998-6)
  2. 松下 温,屋代智之 「ITSの実現に向けて」 情報処理学会誌 Vol.40 No.10 pp.960-963(1999-10)
  3. 湯山一郎,平澤茂樹,藤澤俊之,伊藤昌幸,屋代智之,斉藤 健,村上敬一 「情報家電をどう捉え,どう歩み出すのか」 情報処理(情報処理学会誌) Vol.42 No.6 pp.593-599(2001-6)
  4. 屋代智之, 「いつまでたっても…」 JSK通信 2003年3月号,(財)自動車走行電子技術協会,p.2(2003-3)
  5. 小花貞夫,屋代智之 「未来社会をプロデュースするICT : 1.クルマをネットワーク化する-安全,快適で環境にやさしいクルマ社会を目指して-」 情報処理(情報処理学会誌) Vol.52 No.1 pp.14 - 18(2011-1)
  6. 屋代智之,「アナログテレビ放送の終焉 : 6. 700MHz 帯を使った新しいITS アプリケーション」 情報処理(情報処理学会誌) Vol.52 No.7 pp.811 - 818(2011-7)
  7. 屋代 智之 「日本を元気にするICT:0.編集にあたって」 情報処理,Vol. 53 No.4,pp. 354-355 (2012-03-15)
  8. 屋代 智之 , 梅津 高朗 「コンシューマが切り拓くディジタル化社会の新しい潮流:5. センサ,デバイスによる新たな情報と高度交通システム」 情報処理,Vol. 53 No.10, pp. 1040-1046 (2012-09-15)

著書

  1. 岡田謙一,屋代智之 「C/C++ 教科書」 ソフトリサーチセンター (1997-4)
  2. 松下 温,重野 寛,屋代智之 「IT-Text コンピュータネットワーク」 オーム社 (2000-9)
  3. 松下 温,屋代智之共編 「NetComライブラリ ITSと情報通信技術」 裳華房 (2003-6)
  4. 岡田謙一,屋代智之 「改訂新版 C/C++ 教科書」 ソフトリサーチセンター (2003-12)
  5. 岡田謙一,塩澤秀和,重野 寛,屋代智之 「C/C++ワークブック」 ソフトリサーチセンター (2004-3)
  6. 松下温,佐藤明雄,重野 寛,屋代智之 「IT Text ユビキタスコンピューティング」 オーム社 (2009-7)

学位論文

  1. 「バーストデータに適した音声データ統合LAN」,慶應義塾大学卒業論文,平成2年3月
  2. 「首都高速道路における流入制限の効果に関する研究」,慶應義塾大学修士論文,平成4年3月
  3. 「高度道路交通システム(ITS)のための車々間通信プロトコル」,慶應義塾大学学位論文,平成11年2月

BACK