★高度交通システムとスマートコミュニティ研究会
高度交通システム(ITS)2015シンポジウム

自動車が発明されてから100年あまりが経過し,自動車は日常生活になくて はならないものになってきています.しかし,渋滞による時間の損失や環境汚 染/地球温暖化,事故など といった問題は根本的な解決方法を見い出せないま ま今日に至っています.このような自動車交通をはじめとする交通システムに おけるさまざまな問題点に関して,情報技術の面から統合的なアプローチでそ の解決を図る高度交通システム(ITS)が,世界的な規模で取り組まれてい ます.本学会においても,2000年4月より「高度交通システム(ITS)」研 究会を発足させ、ITSへの取り組みを開始しています.
今回も昨年度に引き続き,ITS技術に関連する様々な分野の専門家をお招き し,それぞれの分野から見たITSの現状と今後の研究・開発の課題等につい てご講演いただくとともに,幅広い分野の研究者が積極的に交流をはかれる場 を提供する目的で,シンポジウムを開催します.
今回は,「安全安心社会の実現に向けたITS」というテーマで,ITSの今後に深く 関連する自動運転、つながる車、都市とモビリティエネルギー関連のトピックと その応用に関するご講演をお願い致しました.皆様の参加をお願いいたします.


日 時 平成27年1月30日(金) 10:00〜16:45
会 場 トヨタ博物館
愛知県長久手市横道41-100
アクセス http://www.toyota.co.jp/Museum/access/
主 催 情報処理学会 高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)研究会
テーマ 「安全安心社会の実現に向けたITS」
協 賛(予定) ITS Japan
モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会
マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会
グループウェアとネットワークサービス(GN)研究会
参加費
情報処理学会正会員 12,000円(論文集、消費税込)
ITSジャパン会員 12,000円(論文集、消費税込)
主催共催研究会登録会員10,000円(論文集、消費税込)
非会員 15,000円(論文集、消費税込)
情報処理学会学生会員* 無料 (論文集、消費税込)
非会員学生 5,000円(論文集、消費税込)
  *情報処理学会の学生会員(トライアル含む)は情報処理学会IEプロジェクトからの補助により無料で参加できます.
申し込み方法 情報処理学会ホームページ申込書(HTTPS)または 申込書(HTTP) にてお申し込みください。
申込締切 2015年1月中旬(Web経由での事前申し込み)
**お申込みの際の注意事項**
  • 当日受付もいたしますが、論文集が不足した場合は事前申し込み優先とさせて いただきますのでご了承ください。
申込先・照会先 情報処理学会 調査研究担当(シンポジウム係)
mail: sig[AT]ipsj.or.jp
Tel (03)3518-8372 Fax(03)3518-8375 

プログラム
○[10:00〜10:05]: 開会挨拶 ITS研究会主査 齋藤 正史(三菱電機)
●[ 10:05〜10:15]:ITS研究会 平成26年優秀論文表彰
●[10:15〜11:55]: 招待講演 セッション1
(1)[10:15〜11:05] 「政府・経済産業省における自動運転関連の取組」 山家 洋志 (経済産業省 自動車課 電池・次世代技術・ITS推進室)
(2)[11:05〜11:55] 「自動運転技術を活用した高度運転支援開発」 田口 康治 (トヨタ自動車 BR高度知能化運転支援開発室)
●[11:55〜13:00]: (昼休み)
●[13:00〜14:40]: 招待講演 セッション2
(3)[13:00〜13:50] 「次世代に向けた“つながる”新価値の創造」 相原 誠 (トヨタ自動車 e-TOYOTA部 つながる商品 企画室)
(4)[13:50〜14:40] 「「都市の進化」と「交通/モビリティ」」 手嶋 茂晴 (名古屋大学 未来社会創造機構)
●[14:40〜15:00]: (休憩)
●[15:00〜16:40]: 招待講演 セッション3
(5)[15:00〜15:50] 「モビリティが見守る道路インフラ維持管理」 八木 浩一 (バンプレコーダー 株式会社)
(6)[15:50〜16:40] 「各国の事例から見る電動車普及のソリューション」 志村 雄一郎 (三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部)
●[16:40〜16:45]: 閉会挨拶 ITS研究会主査 齋藤 正史(三菱電機)
※なお,プログラムが一部変更となることがあります.あらかじめご了承下さい。

講演内容梗概

  1. 「政府・経済産業省における自動運転関連の取組」
      経済産業省 自動車課 電池・次世代技術・ITS推進室 山家 洋志様
      概要:国内外を問わず、交通事故や渋滞の低減等は大きな課題である。 今後、世界的に人口増大、都市の過密化、高齢化等が進展する中で、 これらの課題は一層深刻化すると予想される。既存の取組だけでは、 抜本的な解決が難しくなる中、新たな対策である自動運転技術への 期待は高く、関連する市場拡大も見込まれる。既に様々な国や地域で 自動運転技術の発展に向けた取組が始まっているところ、我が国に おいても、平成26年度より、省庁横断の研究開発プログラム(戦略的 イノベーション創造プログラム)が開始された。ここでは、こうした 日本政府や経済産業省の動きについて概観する。

  2. 「自動運転技術を活用した高度運転支援開発」
      トヨタ自動車 BR高度知能化運転支援開発室 主幹 田口 康治様
      概要:近年、世界的に自動運転技術の実用化に向けた開発が活発である。 その背景と目的を踏まえ、技術全体の概要を紹介する。最初に自動運転 技術の歴史として自動運転専用道における過去の実用化の取り組みを示す。 次に、現在検討を進めている360度3Dセンサによる外界認識や運転判断 を行う自動運転技術を、実験車のシステム構成と共に紹介し、実用化に 向けた技術課題等を解説する。

  3. 「次世代に向けた“つながる”新価値の創造」
      トヨタ自動車 e-TOYOTA部 つながる商品 企画室 室長 相原 誠様
      概要:私たちトヨタは、車という接点を介してお客様や地域社会とのつながり を強化し、長期的な信頼関係と補完関係を構築することが重要と考える。 そのために必要となるのがつながる車(Connected Car)である。走る、 曲がる、止まるに続く第四の機能“つながる”は、自動車ビジネスの 新しい価値を創出するものである。つながる車が人、車、社会とつながり どう変貌しつつあるか、それによって自動車ビジネスがどう変わりつつ あるかを紹介する。合わせて、最新のトヨタのテレマティクスサービス 「T-Connect」を紹介する。

  4. 「「都市の進化」と「交通/モビリティ」」
      名古屋大学 未来社会創造機構 特任教授 手嶋 茂晴様
      概要:都市は運搬/移動システムの発展とともに姿を進化させてきた。 しかし、産業革命, 20世紀のモータリゼーションへ経て、都市は今、 従前の都市機能を維持する限界にある。この状況下、衰退する都市と 課題をチャンス変え発展遂げる都市に二分される。発展する都市では、 従来のように技術が手段を具現化し都市を変えるのではなく、都市が 交通やモビリティの新しい方策や手段を生み出していることに気づく。

  5. 「モビリティが見守る道路インフラ維持管理」
      バンプレコーダー 株式会社 代表取締役社長 八木 浩一様
      概要:これまでのITSはインフラが、あるいはインフラとモビリティが 協調してモビリティを支えてきた。昨今、そのインフラの老朽化への 対応が課題となっている。スマートフォン内蔵のセンサーを用い、 車両振動状態から道路凹凸状況を判断し、安価で効果的に道路維持管理 する技術を紹介する。これはモビリティがインフラを支える新たな潮流 であるとともに、段差手前で減速して乗り心地を向上させるなど新たな 価値創造が期待されるものである。

  6. 「各国の事例から見る電動車普及のソリューション」
      三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 主席研究員 志村 雄一郎様
      概要:世界のスマートグリッド関係団体が加盟する Global Smart Grid Federation(GSGF)において、アイルランド、豪州、カナダ、韓国、台湾、 デンマーク、日本(スマートコミュニティ・アライアンス、日本自動車工業 会)、ノルウェーの8ヶ国が、電動車の普及のあり方、スマートグリッドと 電動車の連系によるエネルギー面での電動車の価値向上のあり方とその課題 を検討した結果を紹介する。


ITS研究会の開催予定のページへ戻る
ITS研究会のトップページへ戻る
Maintained by yashiro@net.it-chiba.ac.jp
Copyright 2014 IPSJ SIG-ITS All rights reserved.